HOME>info>税金のことなど難しい問題は税理士のもとへGO

遺産相続問題は一人では解決が難しい

相続が開始した後、相続人の間で遺産分割の争いが起きた場合は、感情的になったり権利関係が複雑になったり、素人判断では解決できないことが多くあります。そこで大阪にある法律の専門家である弁護士や司法書士に相談するのが得策です。

遺産相続手続きの流れ

男の人

相続問題に詳しい弁護士を探す

相続問題は遺産分割などで相続人間に争いが生じることが多くあり、相続人の特定や遺産分割協議や調停への立会に弁護士が必要となります。そこで相続問題に詳しく専門とする有能な弁護士を探すことが大切です。弁護士にもそれぞれ特定の分野を得意としている方がいるからです。

期限の迫っているものから

相続が開始すると役所に各種書類を提出したり、遺産の持分の決定や税金の申告をしたりなど様々な手続きが必要となります。そこで期限の迫っているものから優先的に行うことが重要です。例えば、相続放棄や限定承認は3ヶ月以内などのように民法で規定されているため速やかに手続きをする必要があります。

遺言の確認と遺産分割協議

遺言書があれば内容を相続人全員で確認するために、弁護士立会いのもとで行うことが望ましいとされています。また相続人全員で遺産分割協議をして全員の同意のもとで持ち分割合を決めますが、法的効力のある書類作成をするために弁護士に依頼すると良いでしょう。

税金のことなど難しい問題は税理士のもとへGO

女性

実績の高い税理士に依頼しよう

税法上の問題や課題を解決するためには、その分野に詳しく実績のある税理士に依頼するように心がけましょう。同じ税理士であっても個々に得意分野がありますので、できる限りその分野で活躍している方に委任した方が良い結果が期待できるからです。例えば、得意な分野であれば、税制の変更があった場合にも敏感に対応してくれますので有用です。もし実績の高い税理士を探すなら、口コミや利用者の紹介で評判の良いところを探すのも一つの手です。