お金のことで困ったら弁護士に相談しよう

お金の貸し借りにおける返済の不履行は、トラブルに発展しやすく円満に解決するためには、法律のプロである弁護士に相談することをお勧めします。放置すると取り返しのつかない事態になりかねませんので、法律相談は早めにすることが望ましいと言えます。

弁護士と司法書士の違いとは

行える法律業務の範囲について

弁護士は法律業務の全てを行うことができ、司法書士はすでに法律で決められた範囲の業務を行うことが可能です。司法書士は登記や供託の代理申請を主たる業務としますが、町の法律家として各種相談することも可能です。

司法書士が制限される内容

司法書士に法律相談をしたり、トラブル解決のための示談や和解を代理してもらったりすることは可能ですが、法律でその権限が限定されています。例えば、民事事件の相談は、140万円以下に限定される等、弁護士と比べて制限があります。

債務整理を依頼するなら弁護士がおすすめ

借金の返済に窮した場合において、新たに借り入れを行ったり督促を無視したりすると、事態がますます悪化してしまうので弁護士に債務依頼をすることが得策です。法律の専門家として適切なアドバイスをしてくれますし、債権者との交渉までサポートしてくれるからです。

こんなときはすぐに依頼!弁護士に依頼すべき案件とは

ジャッジガベル

借金の返済が滞っている

返済余力を越えて借金が膨らんでしまったら、法律の専門的な判断が必要となりますので、弁護士に相談しましょう。例えば、法定利息を越えた返済をしたら過払い金請求ができますし、債務整理によって督促や支払い請求から免れることができる可能性があるからです。

遺産相続に争いが起きた

非相続人の死亡によって相続が開始し、相続人が複数いる場合には争いが生じやすく、弁護士の立会で手続きを進めること安心です。例えば、遺言書があれば開封の際に立ち会ったり、相続の持ち分についての争いを調整したりするためには、専門的な法律判断が必要となります。

交通事故の賠償でトラブル

交通事故でケガをさせてしまった場合の賠償金請求や、保険会社に保険金を請求する際の交渉において、弁護士に依頼することで事態を有利に進めることができます。個人で交渉に臨むのではなく、早い段階で弁護士に相談することが重要です。

借金問題から抜け出すには弁護士に頼ってみよう

弁護士バッジ

過払い金請求で借金が減ることもある

法定利息を越えた融資を受けていた場合において、払いすぎの利息が存在している場合があります。そこで利息制限法に規定されている上限利率で、借金額を引き直して結果、過払い金があるならば返還請求をすることでは払い過ぎた利息を返してもらえる場合があります。いわゆる過払い金請求の手続きのことですが、貸金業者には法律の専門家が専任でいますので素人が交渉するのは困難です。
そこで、法律の専門家である弁護士もしくは司法書士に相談して手続きをしてもらうことをお勧めします。過払い金が返還されると、実質、トータルの借金を減らすことになりますので、代理人に手数料を支払っても得するケースが多く、まずは法律のプロに相談してみることが大切です。